- 膝痛

膝痛

膝関節は、大腿骨と脛骨、そして膝蓋骨(しつがいこつ)から構成されています。

膝関節を安定させる重要な役割として、4つの靭帯と半月板があります。
膝の痛みには、関節の外側に起因するものと内側に起因するもの2種類があります。
外側に起因するものは筋肉系の痛みです。内側に起因するものは軟骨、半月板、靭帯などが原因で起こる痛みです。外側に起因する痛み、即ち筋肉系の痛みはセルフケアを合わせて行うことで比較的改善が早いです。

しかし、内側に起因する痛みは痛みが軽減しても再発する可能性も高く、場合によっては手術が必要なケースもあります。
以上のように、関節の痛みが外側に起因するものか内側に起因するものかによっても、施術の方向性が変わってきます。

こんなお悩みありませんか?

  • 階段の上り下りが辛い
  • 歩いていると痛い
  • 椅子から立ち上がる時が痛い
  • ジャンプをして着地時に痛い
  • 膝に力が入らない

膝痛の原因

  • 変形性膝関節症
  • O脚、X脚
  • 骨格の歪み
  • 姿勢不良
  • 肥満
  • 筋力低下

当院の膝痛への施術

膝の痛みが関節の外側に起因するものである場合は、特に大腿四頭筋(もも前)のトレーニングや膝蓋骨の動きを良くする施術を行っていきます。
膝蓋骨は、大腿四頭筋の働きを助けるのに大切な役割をしています。膝蓋骨の周辺は負担が掛かりやすく、痛みが出ることが多いです。その痛みの影響で筋力が落ち、膝蓋骨の動きが固くなると膝の動きが悪くなります。

これらの悪循環を防ぐ為に筋肉をほぐしたり、ストレッチを行うことで膝蓋骨の動きを改善していきます。
膝の痛みが内側に起因する場合は、軟骨のすり減りや半月板、靭帯を痛めていることが多いので、膝に負担がないようにトレーニングで強化をしたり、マッサージやストレッチで固さやこわばりを取っていきます。

外側に起因するものも、内側に起因するものも膝の関節に負担を掛けているもう一つのポイントとして見逃せないのが、股関節と足関節です。これらは、膝関節を挟んで上下にある関節ですが、どちらか一方の歪みが生じるだけでも、膝関節に負担を掛けることがあります。

膝の痛みを訴えている方に対して、股関節or足関節の歪みを調整しただけで、膝の痛みが取れたという方を多く診てきました。
当院では膝関節の問題だけでなく、股関節や足関節の問題を取り除くことで、早期改善を目指します。


当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒152-0035
東京都目黒区自由が丘1-3-21 キアンビル2F

駐車場

お近くのコインパーキングをご利用ください。

休診日

不定休

ご予約について

当院は予約優先制となっております